GrapeCity.DioDocs.Excel.ja 2.2.1

There is a newer version of this package available.
See the version list below for details.
Install-Package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja -Version 2.2.1
dotnet add package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 2.2.1
<PackageReference Include="GrapeCity.DioDocs.Excel.ja" Version="2.2.1" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 2.2.1
The NuGet Team does not provide support for this client. Please contact its maintainers for support.
#r "nuget: GrapeCity.DioDocs.Excel.ja, 2.2.1"
#r directive can be used in F# Interactive, C# scripting and .NET Interactive. Copy this into the interactive tool or source code of the script to reference the package.
// Install GrapeCity.DioDocs.Excel.ja as a Cake Addin
#addin nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Excel.ja&version=2.2.1

// Install GrapeCity.DioDocs.Excel.ja as a Cake Tool
#tool nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Excel.ja&version=2.2.1
The NuGet Team does not provide support for this client. Please contact its maintainers for support.

DioDocs for Excel に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報 製品ヘルプ ライセンス手続き

NuGet packages (1)

Showing the top 1 NuGet packages that depend on GrapeCity.DioDocs.Excel.ja:

Package Downloads
DioDocs.FastReportBuilder

The fastest report builder library based on DioDocs.

GitHub repositories

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version Downloads Last updated
4.2.1 166 9/28/2021
4.1.2 703 6/22/2021
4.1.1 343 5/25/2021
4.0.3.1 5,045 2/19/2021
4.0.3 146 2/15/2021
3.2.2 17,928 9/15/2020
3.1.2 33,743 5/19/2020
3.0.1 3,441 12/17/2019
2.2.4 1,456 9/2/2019
2.2.1 713 6/25/2019
2.1.4 582 4/23/2019
2.1.0 590 2/26/2019
1.5.0.8 770 1/7/2019
1.5.0.6 436 12/6/2018
1.5.0.5 592 10/29/2018
1.5.0.4 565 10/15/2018

# 2.1.4(DioDocs for Excel V2J SP1)からの変更点:

## V2J SP2 の新機能
◇PDF エクスポート機能が強化されました
 - 図形付きのExcelファイルをPDFにエクスポート
 - PDFへのエクスポート時に、各ページの下端あるいは右端に繰り返し出力する列・行を指定
 - PDFファイルに保存する前に各ページ設定(ヘッダ/フッタ、ページに含まれる範囲)を取得してカスタマイズ
 - 任意のシート範囲をPDFファイル内にレンダリング
 - PDFに保存するときに、特定の範囲を同一ページ内に出力(範囲の途中で改ページされないようにする)
 - 複数のワークブックを1つのPDFファイルに保存
 - スプレッドシート内の特定のページをPDFファイルに保存
 - スプレッドシート内の複数のページを単一のPDFページに保存
 - PDF保存時において、セル内の折り返しテキストがセルの矩形範囲をはみ出さないよう、その内容を縮小して描画
◇異なるワークブック間でワークシートのコピー/移動が可能になりました
◇異なるワークブック間で範囲の切り取り/コピーが可能になりました
◇ファイル入出力に関する処理が強化されました
 - CSVファイルの読み込み/保存時における、行/列/セルの区切り記号のカスタマイズ
 - ExcelのI/Oの後で日本語のふりがなを保持
 - Excelファイルの読み込み/保存時のオプションの追加
 - Excelファイルの読み込み/保存時のOLEObjectのサポート
◇ピボットテーブルに関する処理が強化されました
 - ピボットテーブルスタイルの指定(組み込みおよびカスタムスタイル)
 - ピボットテーブルスタイルのPDFへのエクスポートをサポート
 - 各ピボットフィールドの数値書式の設定をサポート
◇範囲のコピー/貼り付け時において、貼り付けオプションが指定できるようになりました
◇範囲に対する検索および置換をサポートしました
◇列の幅/行の高さを自動調整するAutoFitメソッドをサポートしました

## 不具合の修正
◇並列処理にてOpenとSaveを同時に実行すると、別名で保存したファイルが正しく出力されない(文書番号:83911)
◇UsedRange.Valueプロパティにて値を取得する際、SUMPRODUCT関数の計算結果が正しくない(文書番号:83935)
◇SpreadJSから出力したjson、xlsxファイルを読み込むと例外が発生する(文書番号:84073)