GrapeCity.DioDocs.Excel.ja 3.2.2

.NET Standard 2.0 .NET Framework 4.6.1
There is a newer version of this package available.
See the version list below for details.
NuGet\Install-Package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja -Version 3.2.2
This command is intended to be used within the Package Manager Console in Visual Studio, as it uses the NuGet module's version of Install-Package.
dotnet add package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 3.2.2
<PackageReference Include="GrapeCity.DioDocs.Excel.ja" Version="3.2.2" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 3.2.2
#r "nuget: GrapeCity.DioDocs.Excel.ja, 3.2.2"
#r directive can be used in F# Interactive, C# scripting and .NET Interactive. Copy this into the interactive tool or source code of the script to reference the package.
// Install GrapeCity.DioDocs.Excel.ja as a Cake Addin
#addin nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Excel.ja&version=3.2.2

// Install GrapeCity.DioDocs.Excel.ja as a Cake Tool
#tool nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Excel.ja&version=3.2.2

DioDocs for Excel に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報 製品ヘルプ ライセンス手続き

Product Versions
.NET net5.0 net5.0-windows net6.0 net6.0-android net6.0-ios net6.0-maccatalyst net6.0-macos net6.0-tvos net6.0-windows
.NET Core netcoreapp2.0 netcoreapp2.1 netcoreapp2.2 netcoreapp3.0 netcoreapp3.1
.NET Standard netstandard2.0 netstandard2.1
.NET Framework net461 net462 net463 net47 net471 net472 net48
MonoAndroid monoandroid
MonoMac monomac
MonoTouch monotouch
Tizen tizen40 tizen60
Xamarin.iOS xamarinios
Xamarin.Mac xamarinmac
Xamarin.TVOS xamarintvos
Xamarin.WatchOS xamarinwatchos
Compatible target framework(s)
Additional computed target framework(s)
Learn more about Target Frameworks and .NET Standard.

NuGet packages (1)

Showing the top 1 NuGet packages that depend on GrapeCity.DioDocs.Excel.ja:

Package Downloads
DioDocs.FastReportBuilder

The fastest report builder library based on DioDocs.

GitHub repositories

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version Downloads Last updated
5.2.1 0 9/27/2022
5.1.3 543 6/26/2022
5.1.1 397 5/24/2022
5.0.4 601 3/15/2022
5.0.2 375 2/8/2022
4.2.5 4,775 11/19/2021
4.2.1 1,051 9/28/2021
4.1.2 5,172 6/22/2021
4.1.1 817 5/25/2021
4.0.3.1 7,835 2/19/2021
4.0.3 262 2/15/2021
3.2.2 44,840 9/15/2020
3.1.2 34,521 5/19/2020
3.0.1 3,609 12/17/2019
2.2.4 1,612 9/2/2019
2.2.1 872 6/25/2019
2.1.4 712 4/23/2019
2.1.0 715 2/26/2019
1.5.0.8 936 1/7/2019
1.5.0.6 587 12/6/2018
1.5.0.5 730 10/29/2018
1.5.0.4 702 10/15/2018

# 3.1.2(DioDocs for Excel V3J SP1)からの変更点:

## 機能の追加
- ExcelテンプレートからのPDFフォームの生成がサポートされました。
- Excelテンプレートでのスパークラインとテーブルの使用がサポートされました。
- Excelテンプレートでの固定レイアウトの定義と、特定の範囲へのデータの展開がサポートされました。
- ワークブック/ワークシート/範囲のHTMLへのエクスポートがサポートされました。
- デジタル署名APIがサポートされました。(署名欄の追加と署名、非表示の署名の追加と署名、署名の検証など)
- ピボットテーブルの機能が強化されました。(1つのピボットフィールドからの複数データフィールドの作成、更新の遅延、ソート、フィールドレイアウトの設定など)
- 図形のZオーダーの調整がサポートされました。
- PDF出力時の画像の品質の設定がサポートされました。
- Excelに画像を追加する際の、画像の透明度の設定がサポートされました。
- SpreadJSの機能がさらにサポートされました。(縦/横グリッド線の表示・非表示、右下起点のウィンドウ枠の固定など)

## 不具合の修正
- シート内のセル全体に対してスタイルやフォントを指定して保存すると、ファイルサイズが非常に大きくなる(文書番号:84849)
- ピボットフィールドのSubtotalsをNoneにして生成したxlsxをExcelで開くとエラーが発生する(文書番号:85572)
- レーダーチャートをPDFにエクスポートするとデータやラベルが 正しくプロットされない(文書番号:85626)
- ピボットテーブルにて、キャッシュのソースデータを変更してからレポートを更新すると例外が発生する(文書番号:85645)
- セルに背景色が設定されているシートにて行を削除すると、一部のセルの背景色が不正になる(文書番号:85649)
- タブ区切りのテキスト(CSV)をワークブックにインポート時、特定の行において、タブ文字が区切り文字として認識されない(文書番号:85676)
- 設定したWorkbook.TagJsonSerializerの参照値がプログラム実行中にNullになる(文書番号:85696)
- PDF形式で保存した際チャートのプロット領域のサイズや位置の変更が正しく反映されない(文書番号:85770)
- 15Mを超えるワークブックを、パスワードで保護の上xlsx形式で保存すると、保存されたxlsxファイルが開けなくなる(文書番号:85788)
- GcExcel上で行/列を削除しても、出力したjsonデータのrowCount/columnCountに削除後の行数/列数が反映されない(文書番号:85807)
- 数式の演算結果が「infinity」となるセルを含むワークブックをExcelとして保存すると、保存したExcelが開けなくなる(文書番号:85809)
- 行の高さを設定後にAutoFit()を使用しても、行の高さが自動調整されない(文書番号:85830)
- "0^-x" 及び "0^0"の計算結果がExcelと一致しない(文書番号:85873)
- Excelでは#DIV/0!となる計算結果が、GcExcelではInfinityや数値となる(文書番号:85894)

## その他の変更
- ワークブックをJSONにエクスポートし、再度読み込んだ場合、行の高さが不正になる(文書番号:85794)の回避策がご利用いただけるようになりました。