GrapeCity.DioDocs.Excel.ja 2.1.0

There is a newer version of this package available.
See the version list below for details.
Install-Package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja -Version 2.1.0
dotnet add package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 2.1.0
<PackageReference Include="GrapeCity.DioDocs.Excel.ja" Version="2.1.0" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 2.1.0
The NuGet Team does not provide support for this client. Please contact its maintainers for support.
#r "nuget: GrapeCity.DioDocs.Excel.ja, 2.1.0"
#r directive can be used in F# Interactive, C# scripting and .NET Interactive. Copy this into the interactive tool or source code of the script to reference the package.
// Install GrapeCity.DioDocs.Excel.ja as a Cake Addin
#addin nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Excel.ja&version=2.1.0

// Install GrapeCity.DioDocs.Excel.ja as a Cake Tool
#tool nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Excel.ja&version=2.1.0
The NuGet Team does not provide support for this client. Please contact its maintainers for support.

DioDocs for Excel に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報 製品ヘルプ ライセンス手続き

NuGet packages (1)

Showing the top 1 NuGet packages that depend on GrapeCity.DioDocs.Excel.ja:

Package Downloads
DioDocs.FastReportBuilder

The fastest report builder library based on DioDocs.

GitHub repositories

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version Downloads Last updated
4.2.1 188 9/28/2021
4.1.2 735 6/22/2021
4.1.1 348 5/25/2021
4.0.3.1 5,074 2/19/2021
4.0.3 147 2/15/2021
3.2.2 19,087 9/15/2020
3.1.2 33,770 5/19/2020
3.0.1 3,443 12/17/2019
2.2.4 1,458 9/2/2019
2.2.1 714 6/25/2019
2.1.4 582 4/23/2019
2.1.0 591 2/26/2019
1.5.0.8 771 1/7/2019
1.5.0.6 436 12/6/2018
1.5.0.5 592 10/29/2018
1.5.0.4 566 10/15/2018

# 1.5.0.8 からの変更点:

## ライセンスに関するご注意
- GcExcel の v2J(2.x.x)以降は、以前のバージョン(v1J、1.x.x.x)とはライセンスが異なります。v1J のライセンスキーで、本製品を製品版あるいはトライアル版としてご利用いただくことはできません。DioDocs for Excel のサブスクリプションをご契約中のお客様は、フリーアップグレードのお手続きを行うことで、お持ちのライセンスを最新バージョンへバージョンアップできます。詳しくは、弊社 Web サイトの「フリーアップグレード/ダウングレード(ドキュメントAPI)」(下記リンク)をご参照ください。
https://www.grapecity.co.jp/developer/license/diodocs/freeupgrade

## v2J の新機能
- セルにリッチテキスト形式を設定できるようになりました。セルに入力されたテキスト情報に複数のスタイルを適用することができます。
- ワークシートに対して、任意の背景画像を挿入できるようになりました。
- 既存のスタイルを基にカスタムスタイルを作成し利用できるようになりました。
- GrapeCity SpreadJS の JSON ファイルの読み込みおよび保存で、オートシェイプの読み込みと保存に対応しました。
- ClosedXML にて生成された Xlsx ファイルの読み込み処理を改善しました。
- IWorksheet.FixedPageBreaks プロパティが追加されました。true を設定することで、ページ区切り(IWorkSheet の HPageBreaks、VPageBreaks の各プロパティ)を指定しているとき、行や列の追加・削除によって区切り位置が調整されないよう位置を固定化できます。

## 不具合の修正
- ページ区切りを指定しているとき、行や列の追加・削除によって区切り位置が調整されない(文書番号:83641)
- IShapesインターフェースのAddShapeInPixelメソッドで作成したオートシェイプに塗りつぶし色を設定すると例外が発生する(文書番号:83620)
- ピボットテーブルを更新して保存したxlsxファイルをExcel上で開くとエラーが発生する(文書番号:83567)