6 packages returned for Tags:"GcBarcode"

GrapeCity Documents for PDF (GcPdf) is a cross-platform library that allows to create, analyze, and modify PDF documents. Its object model closely follows the Adobe PDF specification, and is designed to provide direct access to features of the PDF format. In addition, Documents for PDF includes a... More information
GcBarcode is a cross-platform library providing an object model for creating barcodes, and extension methods for rendering them on a GrapeCity.Documents.Drawing.GcGraphics. An implementation of GcGraphics is provided by GrapeCity.Documents.Pdf, allowing to render barcodes into PDF files created with... More information
DioDocs for PDF(GcPdf)は、PDF ドキュメントを作成、分析、変更できるクロスプラットフォームライブラリです。Adobe PDF 仕様に厳密に従ったオブジェクトモデルを持ち、PDF 形式のさまざまな機能に直接アクセスできるように設計されています。さらに、DioDocs for PDF には、プラットフォームに依存しない強力なフォント処理/テキストレイアウトエンジンなど、さまざまなハイレベルな機能が含まれており、PDF ドキュメントを簡単かつ便利に作成できます。 DioDocs for PDF のオンラインサンプルブラウザが... More information
DioDocs for BarCode(GcBarCode)は、バーコードを作成するためのオブジェクトモデル、および作成したバーコードを GrapeCity.Documents.Drawing.GcGraphics 上にレンダリングするための拡張メソッドを提供する、クロスプラットフォームライブラリです。DioDocs for PDF は GcGraphics を実装しているため、これを使用して作成した PDF ファイルにバーコードをレンダリングできます。 【本パッケージは日本語版製品です。】
これは、追加の定義済み CMap など、GrapeCity.Documents.Pdf にオプションのリソースを提供するクロスプラットフォームのライブラリです。このパッケージは、GrapeCity.Documents.Pdf によって自動的には追加されません。このライブラリを使用するには、このパッケージへの参照をプロジェクトに追加した上で、GrapeCity.Documents.Pdf.Resources.dll がランタイムディレクトリに存在することを確認するか、プロジェクトの初期化コードに以下の行を追加します。 GcPdfDocument.CMapProvider =... More information