GrapeCity.DioDocs.Common.ja 3.2.0.554

There is a newer version of this package available.
See the version list below for details.
dotnet add package GrapeCity.DioDocs.Common.ja --version 3.2.0.554
NuGet\Install-Package GrapeCity.DioDocs.Common.ja -Version 3.2.0.554
This command is intended to be used within the Package Manager Console in Visual Studio, as it uses the NuGet module's version of Install-Package.
<PackageReference Include="GrapeCity.DioDocs.Common.ja" Version="3.2.0.554" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add GrapeCity.DioDocs.Common.ja --version 3.2.0.554
#r "nuget: GrapeCity.DioDocs.Common.ja, 3.2.0.554"
#r directive can be used in F# Interactive and Polyglot Notebooks. Copy this into the interactive tool or source code of the script to reference the package.
// Install GrapeCity.DioDocs.Common.ja as a Cake Addin
#addin nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Common.ja&version=3.2.0.554

// Install GrapeCity.DioDocs.Common.ja as a Cake Tool
#tool nuget:?package=GrapeCity.DioDocs.Common.ja&version=3.2.0.554

これは、DioDocs for Pdf と DioDocs for BarCode に対してインフラストラクチャ、グラフィックスタイプとインタフェース、フォント処理、テキスト解析、レンダリング機能を提供する、クロスプラットフォームのライブラリです。

このパッケージは、これらのパッケージによって自動的に追加されるため、直接参照する必要はありません。

【本パッケージは日本語版製品です。】

Product Compatible and additional computed target framework versions.
.NET net5.0 was computed.  net5.0-windows was computed.  net6.0 was computed.  net6.0-android was computed.  net6.0-ios was computed.  net6.0-maccatalyst was computed.  net6.0-macos was computed.  net6.0-tvos was computed.  net6.0-windows was computed.  net7.0 was computed.  net7.0-android was computed.  net7.0-ios was computed.  net7.0-maccatalyst was computed.  net7.0-macos was computed.  net7.0-tvos was computed.  net7.0-windows was computed.  net8.0 was computed.  net8.0-android was computed.  net8.0-browser was computed.  net8.0-ios was computed.  net8.0-maccatalyst was computed.  net8.0-macos was computed.  net8.0-tvos was computed.  net8.0-windows was computed. 
.NET Core netcoreapp2.0 was computed.  netcoreapp2.1 was computed.  netcoreapp2.2 was computed.  netcoreapp3.0 was computed.  netcoreapp3.1 was computed. 
.NET Standard netstandard2.0 is compatible.  netstandard2.1 was computed. 
.NET Framework net461 is compatible.  net462 was computed.  net463 was computed.  net47 was computed.  net471 was computed.  net472 was computed.  net48 was computed.  net481 was computed. 
MonoAndroid monoandroid was computed. 
MonoMac monomac was computed. 
MonoTouch monotouch was computed. 
Tizen tizen40 was computed.  tizen60 was computed. 
Xamarin.iOS xamarinios was computed. 
Xamarin.Mac xamarinmac was computed. 
Xamarin.TVOS xamarintvos was computed. 
Xamarin.WatchOS xamarinwatchos was computed. 
Compatible target framework(s)
Included target framework(s) (in package)
Learn more about Target Frameworks and .NET Standard.
  • .NETFramework 4.6.1

    • No dependencies.
  • .NETStandard 2.0

    • No dependencies.

NuGet packages (2)

Showing the top 2 NuGet packages that depend on GrapeCity.DioDocs.Common.ja:

Package Downloads
GrapeCity.DioDocs.Pdf.Resources.ja

これは、追加の定義済み CMap など、GrapeCity.Documents.Pdf にオプションのリソースを提供するクロスプラットフォームのライブラリです。このパッケージは、GrapeCity.Documents.Pdf によって自動的には追加されません。このライブラリを使用するには、このパッケージへの参照をプロジェクトに追加した上で、GrapeCity.Documents.Pdf.Resources.dll がランタイムディレクトリに存在することを確認するか、プロジェクトの初期化コードに以下の行を追加します。 GcPdfDocument.CMapProvider = CMapProvider.Instance; 【本パッケージは日本語版製品です。】

GrapeCity.DioDocs.Common.Windows.ja

これは、プラットフォーム固有のライブラリで、他の DioDocs パッケージを Windows 上で最適化されたシステム API と連携させることができます。Windows レジストリで指定されたフォントリンク、ネイティブ Windows イメージング API へのアクセスをサポートし、パフォーマンスの向上といくつかの機能の追加を行います。 【本パッケージは日本語版製品です。】

GitHub repositories

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version Downloads Last updated
4.2.0.726 14,718 11/19/2021
4.2.0.717 3,727 9/28/2021
4.1.0.662 15,930 6/22/2021
4.1.0.660 2,669 5/25/2021
4.0.0.625 13,413 2/15/2021
3.2.0.554 53,394 9/15/2020
3.1.0.513 36,841 5/19/2020
3.0.0.415 8,328 12/17/2019
2.2.0.315 5,405 9/2/2019
2.2.0.310 2,586 6/25/2019
2.1.0.265 2,469 4/23/2019
2.1.0.261 2,314 2/26/2019
1.0.0.153 2,844 1/7/2019
1.0.0.152 2,733 12/6/2018
1.0.0.146 2,238 10/29/2018
1.0.0.145 2,237 10/15/2018

# 3.1.0.513 からの変更点:

## 重大な変更
- FontWriterクラスについて、SerializeToStream()メソッドおよびSerializeToArray()メソッドを、新しいメソッドであるGlyphsToStream()メソッド及びGlyphsToArray()メソッドに置き換えました。

## 機能の追加
- TextLayout.AllowOverhangingWordsプロパティにて、長い単語がレイアウトボックスの境界を越えてはみ出すことを許可するかどうかを指定できるようになりました。
- TextLayout.HonorLastLineSpacingプロパティにて、最後の行の行間がレイアウト内容の一部とみなすかどうかを指定できるようになりました。
- TextLayout.ApplyOffset()メソッドにて、コンテンツの矩形、インライン、アンカー付きオブジェクトの位置を指定した量だけ調整できるようになりました。
- AnchoredObjectクラスに新しいプロパティが追加されました。(TextLayoutで使用されます)
- HorizontalPosition列挙体およびVerticalPosition列挙体に新しいメンバが追加されました。(AnchoredObject.HorizontalPositionおよびAnchoredObject.VerticalPositionプロパティをご参照ください)
- ObjectRectクラスに新しいメソッドが追加されました。(TextLayoutで使用されます)
- FontWriterクラスに新しく、CharsToArray()メソッド, CharsToStream()メソッド, WholeFontToArray()メソッド, WholeFontToStream()メソッドが追加されました。
- Utf32CodeSetクラスが追加されました。FontWriterクラスのシリアライズメソッドに渡すUTF-32の文字セットを作成するために使用することができます。
- TextLineクラスにBaselineOffsetプロパティが追加されました。テキストラインの位置からローマ字のベースラインまでのオフセットを取得することができます。
- TextLayoutクラスにて、ソフトハイフン文字 (0x00AD)の取り扱いがサポートされました。この文字がテキスト内に存在する場合、その位置で改行し、オプションで可視ハイフンを表示することができます。
- TextLayout.SoftHyphenReplacementCharCodeプロパティが追加されました。単語を改行する際にソフトハイフンの代わりに使用する文字を指定することができます。
- TextLayout.LinesBetweenConsecutiveHyphensプロパティが追加されました。ハイフンで終わる行間のハイフンなしの最小行数を指定することができます。